Drew Barrymore (ドリュー・バリモア) $ アメリカ合衆国の女優、映画



[直筆サイン入り写真] ドリュー・バリモア Drew Barrymore (映画 ラブソングができるまで)
フェーマス サイン&ポスターズ
★商品画像中の当社のロゴは、商品本体には入っておりません。 ■ 俳優名: ドリュー・バリモア (Dr


楽天市場 by [直筆サイン入り写真] ドリュー・バリモア Drew Barrymore (映画 ラブソングができるまで) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


Drew Barrymore (ドリュー・バリモア)

アメリカ合衆国の女優、映画監督、プロデューサー

本名 :Drew Blythe Barrymore
生年月日 :1975年2月22日(37歳)
出生地 :アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル :女優、映画プロデューサー

父親はイングランドとアイルランドの血を引く俳優のジョン・ドリュー・バリモア
母親はドイツ出身のイルディコー・マコー (Mako Ildiko) で、第二次世界大戦のため
ドイツに逃れていたハンガリー難民であった
祖父はジョン・バリモア、祖母はドロレス・コステロ、大伯父はライオネル・バリモア、
大伯母はエセル・バリモアのバリモア一族として有名な名家である

ドリューが生まれる前に両親は離婚

生後11ヶ月からコマーシャルに出演
4歳の時に『アルタード・ステーツ/未知への挑戦』で映画デビュー

1982年に『E.T.』で主人公エリオットの妹役で出演

1995年には『プレイボーイ』誌でヌードにもなっている。

2004年2月、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が刻まれた

2007年4月、タイム・ワーナー社の刊行している雑誌『ピープル』の
「モスト・ビューティフル・ピープル2007」で第1位に選ばれた

2009年公開の『ローラーガールズ・ダイアリー』で映画監督デビューを果たした
同年放送のテレビ映画『グレイ・ガーデンズ 追憶の館』でエディス・ボウヴィエ・ビールを演じ、
ゴールデングローブ賞主演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)を受賞
エミー賞主演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)にもノミネートされた

『E.T.』の出演で、天才子役として寵児になった彼女だが、私生活は荒んでいく事となる
学校では有名子役というレッテルからいじめにあい、学校に満足に通うことができなくなった
幼い頃から夜遊びを覚えた彼女は、9歳から飲酒や喫煙を、10歳でマリファナを、
12歳の時にはコカインを使用するようになり、リハビリを繰り返していた
14歳の時には自殺未遂の騒ぎを起こす
自堕落の原因が母親にあると判断したバリモアは、15歳の時に母親からの独立を裁判で訴え、
成人として裁判所に認められる
独立したバリモアはアルバイトをして生計を立て、オーディションに応募する日々が続いた
また、メディアの注目を浴びるため、夜な夜なパーティに出没しては破天荒な振る舞いを続けたが、
以前とは異なり、たばこ・アルコール・薬物等は全くやらなかった
その後母親とは、2001年の映画『ライディング・イン・カーズ・ウィズ・ボーイズ』で
10代で母親になる女性を演じたことをきっかけに、和解している

2008年3月に出演したオプラ・ウィンフリー・ショーでアフリカの子供達に食べ物を提供する
チャリティ団体World Food Programに100万ドル(日本円で約1億300万円)を寄付することを発表
2007年には飢餓撲滅親善大使にも選ばれている

(Wikipedia)



マクロミルへ登録




<キンボシ>電気芝刈り機カルソーモアー GAR230E【送料無料】【メーカー直送品:同梱不可】
ローカロ生活
■こちらの商品はメーカーより直送商品となります。お届けまでにお時間を頂戴いたします。あらかじめご了承

楽天市場 by <キンボシ>電気芝刈り機カルソーモアー GAR230E【送料無料】【メーカー直送品:同梱不可】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

輸入家具■オーダー家具■ビバリーヒルズ■ダイニングチェア■ピンクモアレの張り地
ウエストハウスギャラリー
※実物はすべてこちらでご覧いただけます!ウエストハウスにて生産・販売しております家具、オーダー別注品

楽天市場 by 輸入家具■オーダー家具■ビバリーヒルズ■ダイニングチェア■ピンクモアレの張り地 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント